ジーナにまたたび

jinacat.exblog.jp
ブログトップ

本を読む。

珍しく2日間、ブログ休んじゃいました♪
原因は風邪。
インフルエンザとかじゃなく、単なる風邪(^^;
初日(2月3日)に大量の鼻水洪水に襲われ、翌日高熱でハイになり、昨日完治しました。
今は鼻水も出なけりゃ咳も出ず、健康状態=良好ォ!!

で、病床であたしは寝りゃ良いものを高熱でハイだったりしたもんだから、ベッドに横たわりながら本を読んでおりました。

皆さんは、読書好きですか?
あたしはまぁまぁ好きな方ですが、小難しいのは読んでいられません(爆)


思わずハマったな・・・というのは、ジャネット・イヴァノヴィッチのステファニー・プラムシリーズ。
これがですね、笑える、笑える、笑える・・・で、笑いっぱなしのミステリーです。
電車で読む場合は本当に気をつけたほうがいいです。
あたしはうっかり噴き出してしまい、恥ずかしさのあまり途中で地下鉄を降りました(^^;
更に、笑ってしまう以外にも気をつけなければならないのが、ジャンクフード。
事ある毎にハンバーガーやドーナツ、ピザ、ケーキが登場し、読んでいるとドーナツを食べたくて仕方なくなります(爆)
今のところ11巻まで翻訳され発売されていますので、本読んで笑いたいなと思った方はどうぞ♪


次は、中身よりも表紙で選んでしまった、コクと深みの名推理シリーズ。
このシリーズ、表紙が猫の絵なんです。
登場人物にもジャヴァっていう猫が出てるんで、『わ~い♪猫だぁ』と。
でも、猫のジャヴァが滅多に小説の中に登場せず、あたしとしては・・・ちょっと残念。
シリーズ名にもなっている『コクと深み』のコーヒーについてとても詳しく書かれているミステリーなので、コーヒー大好きな方には楽しく勉強できちゃうかもしれません。
コーヒーのレシピやコーヒーに合うお菓子、料理なんかのレシピも載っています♪


猫が表紙の本は、気をつけないとダメだと学んだあたし。
そこで手に取ったのはトラ猫ミセス・マーフィーシリーズ。
この本もミステリーで、著者がリタ・メイ・ブラウン&スニーキー・パイ・ブラウン。
2人で書いてるの?
いえ、違います。
スニーキー・パイ・ブラウンは猫なんですっ。
猫が著者なんですっ。
猫がミステリー小説書くなんて聞いたことありますぅ?(笑)
現在8巻まで翻訳され発売されています。
今あたしは1巻を読み始めました。
面白いのかどうなのか、まだわかってません(爆)
ご興味のわいた方、お手に取ってみてください(^^)


これが読み始めたばかりのトラ猫ミセス・マーフィーシリーズ。
a0040888_14355776.jpg
町でいちばん賢い猫。


これは、うちでいちばんデカイ猫。
a0040888_14374835.jpg

[PR]
by jinanimatatabi | 2009-02-06 14:48 | ひとりごと