ジーナにまたたび

jinacat.exblog.jp
ブログトップ

強制的スポーツの秋。

いやぁー、体力の無さ、心肺機能の低さに年を感じずにいられないあたくしです。

と申しますのも、本日から2週間ほど職場のビルのエレベーター全面工事が始まり、あたしが出社する時間は、エレベーター停止。
職場は7階。
簡単に『じゃぁ、階段使いますね♪』と気軽に言えない7階・・・。

文句言っても、駄々こねても、エレベーターは動きません。
むしろ工事をきちんとしてもらって、安全にエレベーターを使わせてくださいって、逆に工事に感謝すべきなのかも知れません。

で、階段を上ったんです。
2階、3階、4階、5階・・・案外、楽勝じゃんかぁ~♪と笑顔でいられました。

6階、あともうちょっと♪という油断でしょうか?
日ごろのうだうだ生活の賜物でしょうか?
笑顔でいようとしても無理。
明らかに鼻の穴が『酸素を・・・酸素をぅ~~~!』と必死に開いてます。

7階、やっと着いた。
鼻の穴はまん丸に開いて元に戻りません。
呼吸のハァハァが異常。
心臓のばくばくで全身波打つ感じ。
足も若干乳酸出ちゃってる?って疲れが・・・(笑)

これが今月末まで続きます。
スポーツ?の秋だなぁ~ ←やけくそ。


               ジ 『あやが体力無いのもうなづけるわよねー』
a0040888_152858100.jpg
               ノ 『おうちじゃ、ゴロゴロばっかりだもんね、ぼくらと一緒に』


               ジ 『じゃ、そろそろ、そこどいてくれりゅ?』
a0040888_1532032.jpg
               ノ 『ハウスに入るにゃら、どうぞー』


               ジ 『のんたんが素直で、逆にコワイんですけどぉ』
a0040888_15341021.jpg


2にゃんの位置関係からして、遠近法でノーマンはもっと小さくなってるはずなんですけど、おかしいなぁ・・・。
ノーマンは遠近法無視なんだよなぁ。

無視しないようにノーマンも階段上る?(笑)
[PR]
by jinanimatatabi | 2008-09-17 15:41 | ひとりごと