ジーナにまたたび

jinacat.exblog.jp
ブログトップ

スタンプラリー・知床~景色の巻。

連休で、道の駅スタンプラリーの難所?(遠いので) 『知床・オホーツク』 方面に行ってきました。

行程は、以下の通り。
a0040888_15433687.jpg
札幌~帯広(通過)~津別町相生。
相生にて、仮眠zzz。

相生~美幌峠~摩周温泉~別海町~中標津町・開陽台~羅臼町~知床峠~斜里町・ウトロ。
ウトロ温泉にて宿泊。

ウトロ~小清水町~女満別町~サロマ湖~湧別・上湧別~紋別~滝の上~旭川~札幌。


とっても、長い行程なので、スタンプラリーで初の宿泊(ホテルでの)を挟んで、行ってまいりました。
とても長い行程で見所が満載です。
なので、『景色の巻』 『動物の巻』 『食べ物の巻』 と題しまして、三部作でお送りします。



では、『景色の巻』始まり始まりぃ~♪

台風の接近で、お天気がとっても気になりましたが、美幌峠は快晴。
峠から望む屈斜路湖が綺麗に見えました。
a0040888_15542850.jpg
道の駅名が『ぐるっとパノラマ・美幌峠』と言うだけあって、本当にぐるっとパノラマでした(笑)






開陽台(かいようだい)は、360℃地平線が見えちゃいます。
a0040888_15593792.jpg
多少雲が出てきてもこうだもん。
a0040888_1634168.jpg
地平線が遠いぃぃぃ。
夜になると、周辺に街灯が全くないため、星がすっごく綺麗だそうですよ☆


開陽台を後にして、羅臼町へ。
羅臼といったら、何ですか?北の国からですか?
ありましたよ、『純の番屋』。
それとも、北方領土の国後・択捉島ですか?
くっきりではないけど、見えました。

けどね、そういうのは皆見に行くんです。
なので、あたしは『綺麗に見えるばかりが景色じゃない』 『こんな景色だってあるんだよ』と言うことで、知床峠の途中にある秘湯を・・・。

こんな橋を渡ります。
a0040888_169196.jpg
橋の名称がすでに『いで湯』。
期待してしまいます。

橋を渡り終えると、こんな看板が。
a0040888_1694775.jpg
熊の湯ですよ。
『その昔、熊が温泉に入ってたのか?』と、想像が膨らみます。

おや、小屋があります。
a0040888_16112722.jpg
中を覗いたら、お着替え中のオバサマが・・・。
小屋の反対側はどうなってるの?と覗き込んだら、裸のオジサマ達が半身浴なさってました。

さすがに写真を撮るわけにはいかない。
ってことで、先ほどの『いで湯橋』の上から、熊の湯温泉の様子をパシャリ。
a0040888_16141164.jpg
なんとな~く、人が森の中で裸なのがおわかりでしょう。
秘湯っていうのは、人を解放的にするんですね♪
知床に行かれたさいには、有名なカムイワッカだけでなく、熊の湯温泉でゆったりっていうのもいいかもしれませんね♪


熊の湯温泉の次は、峠を上ります。
冬は雪のための通行禁止で、毎年GWの頃にやっと開通する峠です。
峠からはどんな景色が見られるかな?とワクワクしてましたが、なにやら雲行きが怪しい。
峠頂上に近づくにつれ、モヤというより、雲の中に突入してる感が否めません。
a0040888_16192068.jpg

知床峠山頂に到着しました。
a0040888_16205068.jpg
『雲ってる』なんて生易しい雰囲気ではありません。
晴れていたらこんな感じです。
見えるはずの羅臼方向は、真っ白♪
a0040888_16233230.jpg
晴れてるだけが景色じゃない。
見えなくて残念と思うのは、簡単です。
残念がるより、真っ白なのを面白がってやりました(^∀^)

知床峠をウトロ方面に下りだすと、先ほどの真っ白状態から脱出し、正面に綺麗な夕日が。
a0040888_16271287.jpg
綺麗・・・☆


たった1日で、いろんな景色を見ました。
快晴な景色。
曇りがちな景色。
開放的な風景。
真っ白な景色。
真っ赤な景色。
見ごたえがありましたぁ~。

ということで、『景色の巻』を終わります。
明日は、『動物の巻』です、お楽しみに♪
[PR]
by jinanimatatabi | 2006-09-19 17:02 | 旅&オイチイ♪